京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

京都の着物レンタルとクリーニング代について

京都で着物のレンタルを行う場合、気になるのはクリーニング代です。

レンタルで一番気になるのが返すときの状態ではないでしょうか。


自分のものではないので、皆さん着用には気を使っておられるでしょう。

 

簡単に着ることができても、やはり自分のものではない。 というのは気を遣うものです。
心からリラックスしてというわけにはなかなかいかないですよね。

 

できるだけ汚さず返品するのが理想ですが、泥はねや飲食のシミがついてしまう可能性もあります。

 

気になる


通常の汚れであれば、特別クリーニング代がいらないことが多くなっていますが、修復が難しい
汚れがついてしまった場合は別に料金が発生する場合もあります。

 

やはり着物ですから、普段よりは動きに気をつけたいものです。

そのほうが着物の装いにもマッチするのではないでしょうか。

 

現代では不便に感じるぐらいの動きが着物にはよく似合います。
合わせて普段心がけない細やかな動きをすることで、自分の振る舞いをちょっと見直す
いい機会になるかもしれません。

 

クリーニング

 

そして喫煙される方の場合はタバコの焼け焦げなども気をつける必要があります。

お店によってクリーニング代に関するルールは違ってきますので、利用前にはしっかり確認して
おきましょう。

 

厳かな雰囲気が魅力の”神前結婚式”の歴史

日本での神前結婚式の歴史は意外にも新しく、キリスト教式のほうが古いです。

 

神前結婚式は神社の前で行う結婚式のことです。これまではキリスト教式のほうが一般的でしたが、
明治神宮などでの芸能人の結婚式が注目されるようになって神前式も多くなってきています。

 

もともとの日本の結婚式は客人を自宅に招待して、掛け軸に神様の名前を書いてその掛け軸の前で
行う方法でした。

 

神前結婚式は明治33年に明治時代の皇室によって始まりました。当時は皇太子であった大正天皇の
婚儀が宮中にある賢所という場所で実施したとされています。

 

賢所は神殿であり、天照大御神が祭られている神聖な場所です。
現在の東京大神宮である日比谷大神宮では、一般の人々を対象とした神前結婚式を採用しており、
このやり方が全国の様々なところに普及していきました。

 

東京大神宮で神前式が行われる際は、三三九度の盃をした後に雅楽の調べを生演奏します。
その時に巫女さんたちによる祝いの舞が捧げられます。昔ながらの雰囲気が人気です。
巫女さんの舞いを眺めて荘厳で美しい日本の結婚式に感動する人もたくさんいます。

 

現代では秋冬限定で夜に神社の境内で篝火を焚いて実施する婚礼の方法もあります。