京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

京都の着物レンタルでコートを借りる

京都の街で着物を着て歩く事は本当に風情があり、着ているこちらとしても嬉しいですし、日本人であることを誇りに思うと同時に、外国人がその私たちの姿を見て羨ましく思ってるの見ると日本に生まれてよかったなぁと再確認します。

 

ただ、普通に着物を着て街に歩くという習慣がないので、京都に行くためにわざわざ洋服から着替え直すことも無いですし、実際その着方を覚えてるかといえばそうではないのでなかなか厳しいものがあります。

 

ですが、せっかく風情のある街京都に来たのですから、その気分を存分に満喫したいものです。

 

旅行

 

旅行は非日常を楽しむものでもあります。
ですが旅先を日常のように楽しむことができたら、それこそ達人の楽しみ方ではないでしょうか。

 

京都ならば、やはり京都ならではのことを満喫する。
できたら、より京都らしい装いで楽しめたら、素晴らしい思い出になるのではないでしょうか。

 

旅先では普段できないような経験をするのが何よりの楽しみで醍醐味と言えると思います。
ところが京都ではそういう点を配慮して着物レンタルをするところが多いのです。

 

割引

 

その格好で歩くと特典や割引制度を設けている店もありますので是非利用するべきだと思います。

 

またレンタル店ではコートも貸してくれるので、風寒い日でも安心して外を歩くことができるのです。
これも日本ならではの文化だと思います。

 

京都は古い文化と新しい文化が融合した伝統ある街でありかつこれから発展していく街なんです。
柔軟な発想ができるのも京都ならではだと思います。

 

長い袖は若さの象徴?振袖の特徴と歴史

着物の中でも「振袖」は若い女性の礼装として親しまれており、結婚式や成人式でその姿を
目にする事も多いでしょう。

 

一般的には未婚の女性が着用する物(子供と18歳までの未婚女性)で浸透していましたが、
現代ではそのくくりは曖昧になっています。

 

特徴では現代の振り袖は袖丈の長い振りがある事です。その長い袖で周囲の視線を集め、
自分の存在を知らしめる意味合いも込められています。

 

その歴史は古くからあり、発祥となったのは子供用の小袖と言われています。
男女ともに振り袖は親しまれて着用されていました。

時代が進むにつれて、袖丈の長い着物が増えていって若い女性の衣装として習慣となっていきました。

 

振り袖を着用する場面では、結婚式での花嫁衣装が挙げられます。打掛のような裾を引きずって
着用する物を引き振り袖といいます。


元々は江戸時代初期に、武家階級の女性が結婚式に使用した事が始まりとされます。
後に明治時代に入ってからは、商人などの裕福な家庭を象徴する花嫁衣装として一般化されました。

 

近年の日本においては、格式のある花嫁衣装と認識されて人気が高まっています。

伝統的なスタイルとしての着用や、洋風のアレンジを施した着こなし方で親しまれています。