京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

京都の着物レンタルの江戸小紋について

江戸小紋は、基本的に一色で染められており、遠めから見ると無地に見えますが、近くで見ると細かい素敵な柄が入っているのが特徴になっています。


紋を付けて着用することが多く、フォーマルな席に出席をする時に着用するのにぴったりな着物です。

 

フォーマル

 

京都の着物レンタルのお店では、シックで上品な色合いの江戸小紋が数多く揃っているので、
気に入った商品が見つけやすくなっています。


肌襦袢や草履、バッグなどの和装小物も揃っているので、安心して利用することができます。


京都の着物レンタルのお店では、伝統的な江戸小紋が揃っているので、足を運んでみると良いでしょう。

京都のレンタルのお店では、着付けやヘアメイクも行っているので、幅広い年代の方が利用しています。

 

京都観光の際に着物をレンタルして楽しむのもおすすめです。


京都は着物で観光するとタクシーが割引になったり、観光スポットでのお得な割引があったりします。
ですので、京都の雰囲気を楽しめるだけでなく、お得に満喫することもできるのです。

 

お得に

 

また、成人式や卒業式など、着物は持っていないけれど、着物が着たいイベントの際にレンタルしても
良いです。着終わったらそのまま返却するだけなので、手軽で便利です。

 

着物を着なれていない人は、着付け以外にも困るのが後のお手入れです。めったに着るものではないので、なかなか、クリーニングに出して片づけての一連の流れが手間に感じます。


ですが、レンタルの場合それを気にしなくて済むのです。

 

伝統的な衣装で着飾る|日本人と着物と行事の関係

日本では生まれてから多くの伝統行事があり、着物が深く関わってきます。結婚をして和装を選ぶ
カップルも増えていますが、結婚式で白無垢を着て新たな家族になるという意思表示をする女性も
多いです。

 

女性にとっては、生まれてから重要な節目には着物を着る機会があります。赤ちゃんが誕生すると、
初めて外出するのがお宮参りという方が多いです。

 

お宮参りは生まれて30日から100日の間にかけて、両親や親類と一緒に生まれてきたことは氏神様に
報告に行きます。女のお子さんなら友禅を、男のお子さんなら黒い紋付を重ねて着るのが風習となって
います。

 

その次に着るのが多い機会といえば、七五三です。女のお子さんは三歳、男のお子さんなら五歳など
地域によっても着る年齢は異なりますが、多くの方が着物を来てお参りや写真撮影をするのが一般的です。

 

成人式や卒業式、婚礼行事などその後もいろいろな人生の節目に着ることになる着物ですが、最近では
手軽に着ることができるようにレンタルなども増えています。

 

1着購入すると高価なものですが、レンタルであれば着る機会や行事に応じた最適なものを選ぶことが
できるのです。男性も女性も着物を着るチャンスが増えています。