京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

京都の着物レンタルでメンズの方も楽しめます。

日本人に馴染みの深い着物は、いつの時代でも日本人として素晴らしい伝統的なものです。

 

最近ではレンタルとして、京都の着物がレンタルできると注目されていますが、メンズの方も男の着物プランとして、粋な柄からシンプルな無地なデザインまでと様々な素敵なデザインが貸出できます。

 

男性も楽しめる


本場京都の着物がレンタルでき、メンズプランでは男性による着付けや、セット内容の小物の羽織や
角帯や草履なども用意してもらえるサービスが受けられます。


当日は、普段着のままで着付けする場所に行くだけで、粋な京都の着付けが出来るので、最近では
カップルで貸出して、着付けをしてもらっている方達が増えてきて人気があります。

 

カップル

 

インターネットでも京都から貸出が出来て、日本国内ネットで宅配貸出が出来るショップなども
注目されています。


日本人の粋な服装として、特別な日や大切な人との撮影会などにも思い出になる写真ができたり、
結婚式などにも喜ばれる貸衣装としてもおすすめです。

 

江戸時代は庶民の普段着だった?男性の着物の歴史

 

現代社会において着物といえば特別なイベントで着用するものとして知られています。
もともと鎌倉時代に流行したもので小袖と袴のスタイルが普段着として広まる、その後室町時代には
男女ともに袴を省いたものが流行ったのが起源です。

 

江戸時代になると武家の正装だと古い時代から引き継いだ儀礼的な衣装が残っていたのですが、
一般の方は着物姿に近い格好が流行していました。

 

男性の着物は羽織と袴が主流で普段着は着物に帯を着流したものが普段の衣服となる、帯は背中で
結んでいたのが特徴です。

 

夏には薩摩上布や越後上布といったものを着用しています。庶民の場合は一枚の着物を大切に
しているので仕事や家事をするときには袖がすり減らないように工夫をしていた、これは
タスキ掛けを行い裾を端折るのが主流です。


結婚式や特別なお祝いごとがあるときには貸衣装屋を利用して着物を一時的に借りるといったことも
行っています。現在も貸衣装のお店は残っているので着物を着用したいときに利用するのが一般的です。

 

また最近は甚平といった着物に似た商品まで販売されているため今までより身近な存在となっています。
購入するよりもレンタルした方が安く済むので検討してみましょう。