京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

生地にこだわった京都の着物レンタルの魅力とは

古くから日本で愛されてきた衣服である着物は近年では普段着として着用する方は減少しましたが、 他の衣服には無いデザイン性により若い女性から注目を集めています。

 

しかし高級な衣服なので購入するとなると非常に高価となるのがネックですが、京都では安さが
魅力のレンタル専門店が増えています。

 

レンタル

 

京都には数多くの着物専門店があり、他の地域と比べても生地の種類が柄の種類が豊富なのが魅力です。


レンタルなので普段は選ばないような柄に挑戦することも可能であり、通販対応のお店なら自宅が
京都から遠い場所であっても利用することが出来るので大変便利です。


同窓会や成人式等の大切な行事の際には、京都の着物レンタル店を利用してみてはいかがでしょうか。

 

成人式の際に実際に利用してみました。
着物のレンタルだけでなく、着物の着付けに必要な小物や草履なんかも一緒にレンタルすることが
できました。

 

お手頃価格


ですので、普段着る機会がない分、何も持っていない方がほとんどでしょうか、あまりたくさん
買い足したりせずに着物を楽しむことができます。


また、お洒落なアンティークの着物のレンタルも充実していますので、他の人と同じは嫌…なんて方にも
おすすめです。


いろんなレンタル店がありますので、一度ネットで検索してみても良いでしょう。

また、価格も非常にお手頃になってきています。ですから、多くの観光客の方にも人気なのです。


手ぶらでお店に行っても全てレンタルできるプランがあるので、荷物も少なくて済むでしょう。

紋付羽織袴は江戸時代の武家の日常着?紋付きの歴史

紋付羽織袴の歴史を見ていると、もともとは江戸時代に着用されたものでした。
日常的に着用するものではありませんので、普段着とはまた違った思想と言えるでしょう。

 

武家は、当時の日本人の全体の5パーセントにすぎませんので、一部の人だけが限られた時に着ていた
だけです。そのため、庶民の間で広がったわけではありませんでした。本格的に広まるのは、明治時代に
なってからです。

 

明治32年(1899)には、永照皇太后(明治天皇御母)が亡くなりその時に喪服として利用されたのが
紋付羽織袴でした。この時は、現在の葬式と同じように黒い色の紋付き袴が利用されていたのが特徴に
なります。

 

現在でも、葬式などに用いられていますが、黒いものに関しては比較的年配の人をはじめとして
女性などが着用するスタイルが一般的になっています。

 

すべての人が持っているわけではありませんが、もし突発的な葬式をする場合などは紋付羽織袴を
着用したい場合レンタルのものに頼ってみるのもよいかもしれません。

 

レンタルのものに関しては紋付きの部分にシールを張り付けることで対応しているところも
少なくありません。

 

このように、すでに100年以上経過した現在においてもその歴史や脈々と受け継がれているのが
ポイントです。