京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

着物レンタルは京都のお店から、返す時のたたみ方

京都は着倒れといわれるほど、たくさんの素敵な着物のある街です。

ですから京都では種類も豊富。レンタルのお店も京都にはたくさんあります。

 

着物といえば敷居の高いものと思っている人も多いかもしれません。
ですが、京都には実はたくさんのレンタルのお店があるのです。

 

そもそも京都の人にとって着物は身近なもの。

ですから、老若男女問わず、チャンスがあれば着物を着たいと思っている人は多いのです。

 

レンタルすると宅配便等送ってくれますが、それを返却するときちゃんとたたんでいますか?

くるくると丸めて紙袋などにいれて返却してはせっかくの着物美人も台無しですよ。

 

せっかく着物という素晴らしい日本の文化に触れるのですから、普段は知らない世界を存分に
味わいましょう。

 

畳み方

 

着物を着るだけでなく、扱いもその一環として楽しみたいものです。

 

たたみ方は簡単。 そもそも平面に縫ってありますので、たたみ方を知っていたら簡単に小さくコンパクトになってしまうのです。

 

インターネットでもどうやってたたむかは動画でありますが、ここでも簡単にご説明します。

 

まず平らに置いたら左脇の縫い目に合わせて右襟を開き。右の襟を左に合わせ、右脇の縫い目から縦半分に折るようにたたむのです。

 

たたむ

 

その時、首後ろの襟のたたみ方はちょっとしたコツがありますが、すでに折り目が付いているのでその通りに内側に折り込むようにすればよいでしょう。


縦半分に折ったら袖を前後に着物に沿わせて折り、裾を上に折り上げます。これでOKですのでたとう紙にいれて返しましょう。

 

温泉なんかの浴衣の扱いも同様ですから、他の旅先でもちょっとぱぱっとできると素敵です。
せっかく素敵な着物を着たのですから、京都へ返す時もちゃんとたたんでで返すと素敵ですよね。