京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

京都の着物レンタルはコーディネートも安心

着物と帯、小物やヘアスタイルなどコーディネートは洋服とは違って
とても難しいもので、どう選んだら良いかわからない人も多いものです。

 

着付けのように、洋服とは違った部分がたくさんあります。

 

自由に楽しみたいと思う方も多いでしょう。

ですが洋服とは違った味わいのある着物ならではのルールを楽しむのも着物の楽しみ方の一つです。

 

とはいえ、素人には難しい点も多いものです。

着物ならではのしきたりや季節感の取り入れ方など、玄人ごのみの着こなしなど、色々あります。

 

ヘアスタイル

 

また、普段の洋服とは違い、どんなものが自分に似合うのかわからないという場合もあるでしょう。

 

しかし、このようなレンタルを行っているところでは、着物コーディネーターがいることも多いので、
着る人と一緒に数ある中から好みのものを探して、コーディネートし、合わせてくれます。

 

メイク

 

式典などに出席する場合にはそれにふさわしい着こなしや合わせ方にもちろんしてくれます。

また、ヘアスタイルも着る人の希望や好みに合わせ、見栄えを考慮しながら作り上げてくれるのです。

 

レンタル業者によっては写真撮影なども用意されているので、京都観光をより楽しく記憶に残るもの
として演出してくれます。

 

昔の流行柄は文字のモチーフ?きものの模様の歴史

昔の流行柄は文字のモチーフされたものが多いです。これにはいくつか理由があると言われています。

 

着物が日本で広く着用されるようになったころはまだまだ日本は海外との関わりがなく、
今のように海外の文化に触れる機会はありませんでした。

 

もちろんテレビや雑誌、インターネットなどというようなものは一切存在しません。
目に触れるものといえば、山や川などの自然が織り成す景色、動物や文字がほとんどです。

 

なので、柄をデザインするときに頭に思い浮かべるのはおのずとそのようなものになります。
きものの模様の歴史を見ていて、花柄や風景画のようなものが多いです。

これも時代背景が深く関係していると考えられるでしょう。

 

色も同じようなものが多く、目立つ柄を控えるような傾向もあります。これは日本人の控えめな
考え方や、年上の人をたてるといった考えが影響しているといえます。

 

日本人は必要以上に目立つことを嫌い、謙虚であることが美徳とされています。
自分よりも年齢が上の人をたてて、言葉使いも変えます。ここまできめ細かい気遣いができるのは
日本人だけでしょう。

 

流行柄を見ても斬新なものは近年になってから多く生み出されているような印象が強いです。