サイトトップ衣装を汚してしまった場合着こなし方を学ぶ寒い中の撮影でも安心着物を返す際のマナー
京都の着物専門店男性へのサービスヘアスタイルを楽しむ着物で京都観光モデル気分で写真撮影
着物に合うスタイル統一感が大事アルバム製作着物の着用方法縁起が良い物
歴史を感じる吉田神社祇園白川の町家を背景に嵐山の渡月橋付近SITEMAP

京都でクリーニングしたい

京都で着物をレンタル

ほほえむ女性

前撮りに最適な京都嵐山

京都の嵐山と言えば多くの観光客が訪れる場所で、結婚式の前撮りの場所としても人気が高いです。


日本ながらの竹林などもあり和装で前撮りをするなら、この場所が最適と言えます。

bishouen.comではこの場所での撮影も行っていて、人力車に乗って撮ることも出来ます。
この周辺には観光スポットも多く、有名なのは川下りで船頭が竹竿を使い
屋形船を操って1km上流までさかのぼり、また戻ってくる30分の遊覧、
3人乗りのレンタルボートを借りての川遊びなど風情を楽しめる場所です。

撮影のロケーションを楽しむ


渡月橋から上流の保津川の水流を利用して、渓谷の景観を堪能できる
「保津川下り」も人気で、亀岡から渡月橋までの長い下りはスリルもあって
自然の美しさを間近で感じられます。


春だと綺麗な桜、夏だと清涼感溢れる山の風景、秋には紅葉で色鮮やかに染まった景色や
冬も臨とした静寂な世界が観られたりとどの季節も味わい深いです。


船に揺られながら日常から解き放たれるときを過ごすのもお勧めと言えます。
保津川下り乗船場へ行くときは、「嵯峨野トロッコ列車」が便利で、
列車から渓谷美を眺めるのもいいものです。


渡月橋北側のたもとから嵐電「嵐山駅」に向かう通りには、お土産店や飲食店も並んでいます。

 

渡月橋付近なら観光も楽しめる場所がたくさんある

京都で結婚式の前撮り写真を撮ることができる美翔苑には、
いくつかのプランがあり好みに合わせて選ぶことができます。

 

これらのプランにはどれも撮影した写真のすべてのデータが
含まれているのが特徴です。

前撮りの写真のプラン

新郎は紋付き袴、新婦は白無垢や色打掛・引き振袖といった衣装で、
挙式・披露宴よりも前の時期に写真撮ることができるサービスは
いろいろありますが、せっかく結婚式の前撮りをするのなら、京都の
美翔苑のようなデータ付きのフォトサービスを利用する方が
断然おすすめできます。

 

というのもデータ付きの撮影を利用すれば、単に記念写真として残しておくのみならず、
写真を利用して結婚式の当日に役立つアイテムを作ることもできるからです。

 

前撮りした写真を活用する方法の中でも、定番になっているのはウェルカムボードに
使用するというものです。

 

写真を大きなボードにし、会場の入り口付近に飾ってゲストを迎えると、インパクトが
あり本格的な印象になります。

 

また新郎新婦の紹介に役立つプロフィールブックに使用するのもおすすめです。

 

席に着いたゲストにとっては、新郎新婦のことが分かりやすくなるだけでなく
待ち時間に読んだりテーブルの会話の話題にすることもできるので喜ばれます。

 

渡月橋付近なら観光も楽しめる場所がたくさんある

前撮り撮影におすすめな渡月橋付近は、渡月橋が架かる大堰川があり
上流は保津川、下流が桂川と言われていて橋が出来たのは834〜848年ごろで、
それから1259〜1274年頃に「渡月橋」と言われるようになりました。


1934年に鉄筋コンクリート造りの土台になりましたが、橋の上の欄干部分は
ひのき製で嵐山の自然美に溶け込むようになってます。


ゆったりと流れる大堰川に、質実剛健な風情を醸す渡月橋がかかる姿は壮大で、
ボート遊びや屋型船での遊覧も出来るので、前撮りをしてからこれらを楽しむのもおすすめです。


春夏秋冬渡月橋は、時間帯により表情を変えて京都の自然を十分に楽しめて、
春は満開の桜が咲いて秋には煌めく紅葉の姿が見られます。


また、早朝だと日の出も美しくずっと眺めていたくなるほどで、
12月にはライトアップイベント「嵐山花灯路」も行われるため一層幻想的な景色が観られます。


橋の南側のたもとに広がる「嵐山公園・中之島地区」だと、自然公園が広がり
散策をしたり一息ついたりするのにぴったりな場所です。
こちらも春は桜が満開になり、東屋もあるので疲れたときにはゆっくりと座ってくつろげます。


前撮りで1日だけでなく、纏めて数日間撮影を兼ねて休日をとっておけば
色々と周辺を見て回ることも出来ます。